仲卸・販売店の紹介 | 会社概要 | アクセスマップ | 採用情報  
千葉青果株式会社 トップページ 旬の青果物 商品案内 栽培履歴 ちばエコ農産物 青果カレンダー
旬の青果物
旬の野菜・旬の果実・週間情報をご案内をします。
 
商品案内
野菜・果実の商品特徴や産地をご案内をします。
 
今週の概況
野菜部
 
果実部
 
 
今週のセリ人
現場の「野菜・果実」をピックアップしてお知らせいたします。
 
  TOP > ちばエコ農産物
 
   
 
環境にやさしいちばエコ農産物の栽培
  -JA千葉みらい千葉東部地区出荷組合連合会での取り組み-(ちばエコ農業産地指定)
 
  1. 取り組んだ動機、背景
    農産物価格の低迷するなか、千葉東部地区出荷組合連合会では主力品目であるにんじんの産地を維持するためにも、『消費者に対する安全・安心な農産物の供給』を軸にイメージアップを 索していました。
このような状況下において、ここ数年連作による生育障害の発生や地方低下で収量の減少や品質の低下が問題となっており、農林振興センターを始め関係機関が栽培講習会や出荷反省会・巡回活動の折に問題提起してきました。
さらに、千葉市主催の生産者と消費者との交流会を重ねるたびに、「地元の農産物が手に入らない」・「安全な農産物を作ってほしい」などの多くの声が消費者からあげられました。
このような動きの中、当連合会では千葉市が平成9年に「千葉市環境保全型農業推進指針」の策定を契機に、環境保全型農業への気運が生産者のなかで意識が高まり事業に取り組みました。さらに、平成14年からは千葉県の取り組んだ「ちばエコ農業推進事業」にも参加しました。
     
  2. 活動体制
    推進にあたっては、JAと関係機関(農林振興センター・千葉市)の担当者間で度重なる打合せを行って環境保全型農業の普及を共有化し、その後連合会役員を含めた検討会を重ねて、生産者と関係機関の一致した方向性をもって進めてきました。
     
  3. 活動の経過
    関係機関や生産者(にんじん・だいこん・ばれいしょ各生産部会)の話し合いや、先進地視察、消費者との交流会等を重ねる中減農薬・減科学肥料栽培に取り組んでみようという意欲が生産者に徐々に高まってきました。
   
(1) 線虫対抗植物利用の推進
  土づくりと土壌消毒剤削減のため、マリーゴールドや野生エン麦等線虫対抗植物の利用を推進しました。
(2) 減農薬、減化学肥料栽培の推進
  関係機関や東部連役員との協議の結果、平成10年から国の「特別栽培農産物に係るガイドライン」に従って、にんじん・だいこんの減農薬・減化学肥料栽培の取り組みが始まりました。
また、ばれいしょについても農林振興センターを中心に減農薬・減化学肥料栽培にあたっての考え方や注意点等について講習会等を開催し、各関係機関や連合会役員と検討し平成11年から取り組みを始めました。
(3) 市内学校給食への供給
  市場出荷だけではなく「地元産野菜を子供達にもっと食べてもらおう」と、千葉市と連携し学校給食の食材としての供給を始めました。学校では給食前に栽培方法などを説明し、生徒達の農業への関心を深めています。
(4) 統一栽培暦の作成
  減農薬、減化学肥料栽培に取り組んで3年目に、栽培方法を見直すため、栽培方法に関するアンケート調査を実施しました。その集計結果から検討を重ね、連合会統一の栽培暦を作成しました。
(5) 消費者等との交流会の開催
  消費者や流通業者等を産地に招き現地検討会・収穫体験イベントの開催などを実施し、生産方法や産地の取り組みについて理解を深めてきました。
(6) 「ちばエコ農業推進事業」への取り組み
  平成14年からスタートした「ちばエコ農業推進事業」に県内でもいち早く取り組み、秋冬だいこん・秋冬にんじんについて産地指定及び農産物認証を受けました。特に、秋冬だいこんは県下第1号の指定及び認証を受けることが出来ました。また、翌年にはばれいしょが産地指定及び農産物認証を受け、平成16年からは、新たに里芋の産地指定を受けました。
     
  4. 成果
   
(1) 太陽熱消毒や線虫対抗植物による環境保全型農業が浸透しました。
(2) 流通業者や消費者参加の交流イベント等の開催により、生産者が環境にやさしい農業への取り組み状況が消費者へ伝えることが出来ました。
(3) 安全・安心な農産物の意識が高くなり、合わせて自分の生産物に対する責任と自信がつきました。
(4) 当連合会の取り組みがモデルなって近隣地域へ波及することが出来ました。
     
  5. 今後の課題
   
(1) 有機物資材の投入による地力増強
(2) 適期防除や作付け体系の動行
(3) ちばエコ農産物の消費者へのPRと産地イメージの向上
   
 
もっと安心農産物 秋冬ニンジン栽培暦(平成18年産)
  JA千葉みらい千葉東部地区出荷組合連合会
 
  1. 土づくり
    完熱堆肥を施用する
     
  2. 施肥 ☆施肥診断にもとづく施肥量の遵守
    下記のいずれかを施用する               施用量は基肥追肥の合計施用量
  肥料名 保証成分(%) 施肥量(10a当たり)
基肥+追肥 粒状人参専用V 6-7-5(有機態窒素3.2) 240kgまで
特スーパーにんじん
プリケット688
6-8-8(有機態窒素3.6) 240kgまで
やさいみどり有機 8-9-7(有機態窒素4.0) 180kgまで
土壌診断にもとづき下記の土づくり資材を施用する
  肥料名   施肥量(10a当たり)
基肥 苦土石灰(粒) 苦土 10 100kg目安
BMようりん リン酸 20 50kg目安
     
  3. 『防除・・・・は種から収穫までの化学合成農薬は 7成分回数まで』
   
管理
作業
病害虫の
発生推移
薬剤名 希釈倍数・処理量 対象病害虫 備考(的防除の実施等)
7月下旬
施肥
播種
 
 
問引き
中減
 
 
収穫
センチュウ
 
 
 
|
アゲハ

ハスモンヨトウ
|
|
黒薬粘病
|
①フォース粒剤 4kg/10a
(播種時)
対リムシ類 施用した粒剤の防除効果を高めるため均一に散布し、ていねいに土壌混和する
8月上旬       しみ腐病の発生が多い圏場には作付けをさける
中旬       しみ腐病回避のため早蒔きをさける
下旬      
9月上旬 ②ベルクート水和剤 1000倍
(収穫14日前)
黒薬粘病 問引き後が病害防除の適期となるので確実に実施する
中旬 ③エルサン乳剤 1000倍
(収穫30日前)
ハスモンヨトウ
下旬 ④ロブラール水和剤 1000倍
(収穫14日前)
黒薬粘病 問引き後に中耕除草を実施する
  ⑤エルサン乳剤 1000倍
(収穫30日前)
収穫回数注意
ハスモンヨトウ 1年雨が多い場合は、殺菌剤の追加散布を実施する
⑥ロブラール水和剤
1000倍(収穫14日前)
11月上旬      
中旬      
下旬 殺菌剤・殺虫剤の総使用回数は原則6回とする。ただし、その年の天候により、変更が生ずる場合は関係機関で協議の上決定する
     
   
 
『ちばエコ農業』栽培事例集
  千葉農林振興センター
 
  1. 千葉市東部地区(JA千葉みらい千葉東部出荷組合連合会人参部会)
     
  2. 生産者数46戸、栽培面積約30ha、出荷数量118,000ケース、市場出荷
    ※平成17年度栽培計画より
     
  3. ちばエコ基準達成状況
   
区分 実施状況 ちばエコ基準
化学合成農薬(成分回数) 6回以下 8回
化学肥料(窒素成分量) 7.2kg/10a以下 7.5kg/10a
    ※統一栽培暦より
     
  4. 事例のあらまし
    JA千葉みらい千葉東部出荷組合連合会人参部会は、部会員数80名強、そのうち半数以上がちばエコ栽培をしています。平成14年のちば農業推進事業のスタートと同時に、いち早く産地指定を受けました。
土壌消毒剤と除草剤の代替技術として、7月上旬から稲種前の7月下旬にかけて、太陽熱を利用した土壌消毒が普及しています。線虫対抗植物や落花生等との輸作体系、堆肥や緑肥による土づくり、病害虫に強く品質の良い品種の選定等、高品質なエンジンを安定的に生産する為、たゆまない努力をしています。
市場出荷の他、千葉市内の学校給食用にも出荷しています。安心で安全な地元の農産物として、地域でも喜ばれています。平成15~17年には、JAが主体となって、ちばエコ農産物応援団育成事業を導入し、「ちばエコ農産物収穫体験ツアー」を行い、消費者香料を通じて産地の取り組みをPRしています。
     
  5. 背景・動機
    千葉市東部地区は、エンジン、ダイコン、サトイモ、バレイショ等の根菜類を中心とした露地野菜経営が古くから営まれて来ました。昭和53年に生産組織「JA千葉みらい千葉東部出荷組合連合会人参部会」が発足し、露地野菜の産地として地位を固めてきました。しかし、農産物の価格低迷や地力の低下が問題となり始め、産地の維持に向けて新たな取り組みが必要となってきました。一方、地域の消費者との交流の中で、安心で安全な地元の農産物への要求がとても高いことがわかってきました。
このような背景により、生産者との関係機関で話し合いを重ね、減化学・減農薬栽培に取り組むことで目標が一致しました。平成10年には国の「特別栽培農産物に係るガイドライン」に従って、主力品目のエンジンとダイコンから具体的な取り組みを始めました。その後にも検討会や講習会等を重ねながら、技術の向上と品質・収量の安定化を図り、連合会の統一栽培暦を作成しました。平成14年には、ちばエコ農業推進事業が始まったことを受けて、産地指定に向けて取り組み、秋冬ダイコンで県下第1号、秋冬エンジンで第2号の産地指定を受けました。現在では、バレイショ、サトイモ、秋冬コマツナが加わり、計5品目で産地指定を受けています。
     
  6. 栽培方法
   
(1) 土づくり
  緑肥の栽培と圃場へのすき込み、完熟堆肥の施用により、土づくりをします。未熟な堆肥の施用や、播種直前の施用は、品質を低下させる恐れがあるので注意します。
(2) 施肥
  有機質肥料を適量施用します。
(3) 害虫防除
  粒剤を均一に散布し、丁寧に土壌混和します。
(4) 太陽熱消毒
  高温の時期に圃場に透明マルチを張り、太陽熱を利用して土壌消毒を行います。線虫と雑草の抑制に効果的です。マルチは播種直前にはがします。
(5) 播種
  シミ症回避の為、早播きを避けます。
(6) 間引き、追肥
  生育を良くする為、実施します。間引き後は病害虫防除の適期となります。
(7) 中耕、土寄せ
  うね間を耕し、除草します。土の通気性と水はけが改善され、生育も良くなります。
(8) 病害虫防除
  予防散布に努め、最小限に抑えます。
    ア 栽培管理 (※平成17年の事例)
   
作業名 実施年月日
前作収穫終了 平成17年6月6日
施肥 7月9日
殺虫剤散布 7月10日
太陽熱消毒 7月10日~7月29日
播種 7月29日
間引き、追肥 9月9日
中耕除草 随時
病害虫防除 9月17日
収穫開始 12月10日(予定)
    イ 使用資材 (※平成17年の事例)
    (ア)土づくり― 施肥等                             (10aあたり)
   
使用銘柄(N:P:K) 実施年月日 施用量 全N 化学N
緑肥(ニューオーツ) 平成17年6月 0.5t    
乾燥鶏糞 7月 0.3t    
やさいみどり有機(8:9:7) 7月9日 100kg 8kg 4kg
やさいみどり有機(8:9:7) 9月9日 40kg 3.2kg 1.6kg
    (イ)病害虫・雑草防除等
   
使用農薬 対象病害虫 実施年月日
フォース粒剤 ネキリムシ類 平成17年7月10日
ベルクート水和剤 黒葉粘病 9月17日
エルサン乳剤 ハスモンヨトウ 9月17日
ロブラール水和剤 黒葉粘病 10~11月(適期)
エルサン乳剤 ハスモンヨトウ 10~11月(適期)
     
  7. 今後の展望等
    すでに技術を有する人参部会ですが、さらに技術を高めることを全員で目指しています。
   
(1) 太陽熱消毒技術の安定化と普及
  太陽熱消毒には、殺虫と雑草の抑制効果があることが認められていますが、より効果を高める為、マルチの被覆期間や被覆時期を検討し、多くの会員の普及を目指します。
(2) 土づくりの推進
  堆肥や縁肥を上手く利用した土づくりをさらに進めます。
(3) 輪作体系の検討
  病害虫対策や、経営の安定化等の観点から、最適な輪作体系を検討します。
(4) 品種の選定
  品種比較試験を通じて、病害虫に強く、ちばエコ栽培に適し、消費者ニーズに合う品種を選定します。
    また、有利販売に向けた取り組みも展開します。
   
(1) 市場評価の維持・向上
  安心安全高品質なちばエコ農産物を、安定的、計画的に出荷し、市場評価を高めます。
(2) 外部へのPR
  消費者や流通業者との交流を通じて、ちばエコ農産物や産地の取り組みを積極的にPRします。
    今後、この部会も取り組みが他地域の生産者にも波及し、より多くの消費者にちばエコ農産物が供給されることが期待されます。
   
 
JA千葉みらい JAちばみどり
ちばエコ農産物 Copyright (C) 2006 Chibaseika Co., Ltd. All Rights Reserved.
〒261-0003 千葉県千葉市美浜区高浜2-2-1
もっと安心農産物